フラバンジェノール 松

フラバンジェノールは海岸松から抽出された天然ポリフェノール

フラバンジェノールは、もともとフランス南西部に生息する海岸松から抽出された天然のポリフェノールです。

 

松なら日本にも生息していますが、なぜフランスの海岸松なのでしょうか?

 

その理由は、日差しが強いフランス南西部の海岸松は、ポリフェノールを豊富に含んでいるからです。

 

ポリフェノールを多く含んだこの地域の海岸松の樹皮は紫っぽい色をしていて、日本の松とは明らかに見た目が違いますよね。

 

フラバンジェノール 松

 

 

主成分は健康成分OPC

 

フラバンジェノールは、強力な抗酸化作用、抗炎症作用を持つOPC(オリゴメリックプロアントシアニジン)呼ばれる健康成分を豊富に含んでいます。

 

このOPCですが、以前はピーナッツの薄皮から抽出されていました。しかし徐々に入手が困難となってしまい、他の原料で代用する必要がありました。

 

このとき、ボルドー大学名誉教授のジャック・マスケリエ博士が、海岸松の樹皮にOPCが豊富に含まれていることを発見。

 

これ以降、健康維持成分として用いられるようになり、さらには美容成分「フラバンジェノール」が誕生しました。

 

 

フラバンジェノールの歴史は大航海時代までさかのぼる

 

フラバンジェノール配合の商品が出回り始めたのは最近のことですが、フラバンジェノールの歴史となると意外に古く、なんと16世紀の大航海時代までさかのぼります。

 

フランスの探検家ジャック・カルティエのクルーが北米で壊血病に苦しんだ際、先住民からもたらされたお茶を飲んで助かったというエピソードがあります。

 

このとき先住民からもたらされたお茶は、松の樹皮などを煎じたものだそうです。先住民はこの当時から、松の樹皮を健康成分として取り扱っていたようです。

 

 

フラバンジェノールの安全性について

 

フラバンジェノールは美容、健康に関していろいろな作用が報告されていますが、大きな副作用は今のところ報告されていません。

 

フラバンジェノールの商標を持つ東洋新薬ではいろいろな研究が行われていますが、健康を損なうような研究結果は報告されていないようです。

 

もともとは健康成分として取り扱われてきたフラバンジェノールですから、副作用についてはそれほど心配しなくても大丈夫でしょう。

 

中には肌に合わない人もいるかも知れませんが、ほとんどのユーザーが問題なく使用していることからも安全性は高いと判断できそうです。

 

 

安全性は高いけど注意したいポイント

 

フラバンジェノールの安全性は、東洋新薬の研究結果からも証明されていますが、大前提として市販商品を正しく使用した場合です。

 

安全性の高い天然ポリフェノールですが、もし過剰摂取した場合など、肌トラブルにつながる可能性もゼロではありません。

 

市販のフラバンジェノール化粧品を使用する分にはほとんど問題ないと思います。

 

ただし、今後フラバンジェノールが原料として市販されたり、自作コスメを作れるようになったら少し注意した方がいいかも知れません。

 

 

また、フラバンジェノールが海岸松の樹皮から抽出された成分のため、松に特化したアレルギーを持っている人は十分注意してください。

 

フラバンジェノール化粧品の詳細はこちら