フラバンジェノール 妊娠中

フラバンジェノールは妊娠中・授乳中も問題なく使える?

フラバンジェノール 妊娠中

 

フラバンジェノールは海岸松の樹皮から抽出された天然のポリフェノールなので、副作用はなく妊娠中、授乳中でも問題なく使用できます。

 

妊娠中や授乳中は赤ちゃんの健康がなによりも優先です。健康、食事など、いろいろなところで気をつかわなければいけません。

 

フラバンジェノール化粧品なら少なくともスキンケアの面で気をつかう必要はなさそうですね。

 

 

妊娠中は肌がデリケートになる場合も

 

フラバンジェノール化粧品は妊娠中の使用も問題ありませんが、人によっては肌がデリケートになる場合もあります。

 

下記はフラバンジェノール化粧品販売元のフォーマルクラインからの回答です。

 

 

当社のフラバンジェノールにつきましては

医薬品ではありませんので副作用の心配はございません。
ポリフェノールの一種でございますので
妊娠中、授乳中の使用も特に問題ないかと思われます。

 

ただし化粧品ですので、お肌に合うかどうかは個人差がございます。

 

また妊娠中、授乳中は体質が変わり、今まで使っていた化粧品が
使えなくなってしまう方もいらっしゃいます。

 

トライアルも用意しておりますので、
パッチテスト等で確認してからの
ご使用をおすすめいたします。

 

引用:フォーマルクラインからの回答

 

 

このように、今まで愛用していたスキンケアなのに、妊娠中は使用できなくなってしまうケースもあります。

 

もし「肌が敏感になっているかも」と感じている人は、少し注意して使用した方がいいでしょう。パッチテストをしてから使用すれば安心ですから。

 

パッチテストとは、腕の内側などの目立たない部分に少量塗布し、経過を確認する方法をいいます

 

 

ここまで妊娠中、授乳中のフラバンジェノール化粧品の使用について紹介した内容をまとめておきます。

 

 

  • フラバンジェノールは妊娠中・授乳中も問題なく使用できる成分
  •  

  • 妊娠中は肌がデリケートな時期なのでパッチテストをした方が安心

 

 

もしフラバンジェノール化粧品の使用が初めてなのであれば、必ずトライアルセットで肌に合うか確認した方がいいでしょう。

 

普段からフラバンジェノール化粧品を愛用している人でも、肌に合わないと感じたら少しお休みした方がいいですよ。

 

 

妊娠中にシミができる原因と3つの対策

 

妊娠中、産後にシミが増える人がいますが、これはホルモンバランスの乱れが大きく影響していると考えられています。

 

妊娠中はメラノサイトの働きを促す「プロゲステロン」という女性ホルモンが増えるので、ちょっと紫外線を浴びただけでもシミになりやすいんですね。

 

出産後はホルモンバランスも少しづつ元に戻りますが、人によっては出産後もシミが残ってしまうケースも少なくありません。

 

できれば妊娠中もシミ対策をして、きれいな肌をキープしましょう。注意すべき点は下記の3つです。

 

 

【1】紫外線対策をする

 

先ほど説明した通り、妊娠中は少し紫外線を浴びただけでもシミができやすい肌状態です。帽子、日傘はもちろんのこと、日焼け止めクリームを使用するなどして、できるだけ紫外線を浴びないようにしましょう。

 

 

【2】ビタミンA・Cを食事から摂取する

 

シミケアは普段の食事も大切です。特にビタミンAは新陳代謝を促進させる作用がありますし、ビタミンCはメラニンの働きを抑える作用が期待できます。普段から積極的に摂取するように心掛けましょう。

 

 

【3】スキンケアをかかさない

 

妊娠中はスキンケアを怠りがちですが、肌を健康な状態に整えてあげることもシミ対策になります。肌に優しい低刺激のスキンケアを使用するのがおすすめです。

 

もちろんフラバンジェノール化粧品も妊娠中使用できるスキンケアですよ。

 

妊娠中もOK フラバンジェノール化粧品の詳細はこちら