フラバンジェノール 成分

フラバンジェノールの配合を全成分表示で確認する方法

フラバンジェノールがどんなにすばらしい成分でも、少量しか配合されていなければ大きな美肌効果は期待できないでしょう。

 

化粧品や医薬部外品にフラバンジェノールがしっかりと配合されているかどうかは、全成分表示をみればある程度確認することができます。

 

 

成分表示名は「フランスカイガンショウ樹皮エキス」

 

化粧品、医薬部外品などは、薬機法で「全成分表示」を記載することを義務付けられています。

 

全成分表示には、その商品に配合されている成分がすべて記載されています。どんな成分が配合されているのか、ユーザーがひとめで確認できるようになっているんですね。

 

フラバンジェノールの成分表示名は「フランスカイガンショウ樹皮エキス」です。

 

全成分表示をみて、「フランスカイガンショウ樹皮エキス」と表記されていれば、その商品には間違いなくフラバンジェノールが配合されているということになります。

 

 

全成分表示でフラバンジェノールの配合率を確認する方法

 

全成分表示には何種類もの成分が記載されていますが、適当に記載されているわけではありません。

 

全成分表示は、配合率が高い順に記載することが義務付けられています。(ただし配合率1%以下は順不同となります)

 

簡単にいうと、全成分表示の最初の方に記載されている成分は配合率が高く、最後の方に記載されるほど成分の配合率が低いということです。

 

フラバンジェノールの表示名称「フランスカイガンショウ樹皮エキス」が、全成分表示の最初の方に記載されていれば、フラバンジェノールの配合率が高いということがある程度確認できるわけです。

 

例として「薬用フラビア ローションリッチモイスト(医薬部外品)」の全成分表示を確認してみましょう。

 

フラバンジェノール 成分

 

有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」を除けば、「フランスカイガンショウ樹皮エキス(フラバンジェノール)」が一番最初に記載されていますよね。

 

配合率までは確認できないものの、フラバンジェノールが最も高い割合で配合されていることが分かります。

 

※医薬部外品は「有効成分」が先に記載されています

 

 

「フラバンジェノール高配合」を売りにしているフラバンジェノール化粧品だけあり、しっかり一番最初に記載されているんですよ。

 

反対に、もし「フランスカイガンショウ樹皮エキス」が全成分の最後の方に記載される商品があったとしたら、フラバンジェノールの効果はほとんど期待できないと思った方がいいかも知れません。

 

 

相乗効果が期待できるヒアルロン酸もしっかり配合

 

フラバンジェノールの保湿効果は、ヒアルロン酸を配合することで大幅に上昇することが公式サイトでも紹介されています。

 

同様に全成分表示を確認してみると、やはり何種類のヒアルロン酸が最初の方に記載されているのが分かります。

 

フラバンジェノール 成分

 

特に「アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム」は肌に馴染みがよく保水力にも優れていることから、スーパーヒアルロン酸とも呼ばれている成分です。

 

全成分表示をみると、販売サイトに記載されている内容が本当かどうかなど、いろいろなことが見えてくると思います。

 

 

ちなみにフラバンジェノール化粧品フラビアシリーズの全成分表示を確認してみたところ、ほとんどのアイテムが最初の方に「フランスカイガンショウ樹皮エキス」と記載されていました。

 

「フラバンジェノール高配合」とうたっているだけのことはありますね。

 

フラバンジェノール高配合お試しセットの詳細はこちら